現金化における商品買取型とキャッシュバック型の比較について

クレジットカード現金化、商品買取型店舗に関しての調べてみた
Home » 商品買取型 » 現金化における商品買取型とキャッシュバック型の比較について

現金化における商品買取型とキャッシュバック型の比較について

商品買取型

とても便利に現金を手にすることができるクレジットカードの現金化についてですが、クレジットカードの現金化はその方法として二種類の方法があります。
まず一つ目が商品買取型と呼ばれる方法であり、もう一つがキャッシュバック型と呼ばれる方法になります。

商品買取型は、まず商品をクレジットカードのショッピング枠を利用して購入します。
そして現金化業者にその商品を買い取ってもらうことでお金を振り込んでもらい、現金を手にすることができるという方法になります。
キャッシュバック型についてはクレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入するというところまでは同じ方法ですが、その購入した商品にキャッシュバックがついており、キャッシュバックにより現金を手にすることができるという方法になります。
現金化業者によって行っている方法は異なるのですが、この二つの方法を比較してみた時にどういった違いがあるのでしょうか。

違いとしてまず、現金化にかかる時間の違いがあります。
商品買取型の場合は商品を購入してさらにそれを買い取ってもらうという手順が必要になるため、お金が振り込まれるまで時間がかかってしまうというケースがあります。
商品を購入し、買い取ってもらう際にはその商品を業者に送らなければいけません。
その手間が増えるためにどうしても時間がかかってしまうというケースがあるようなんです。

その点、キャッシング型の場合には特に買取をしてもらうというわけでもなく商品を購入すればそれに対してキャッシュバックがついてくるというものになりますから、返送したりする手間や時間をかけることなくお金を手に入れることができます。
ですのでキャッシュバック型の場合の方がよりスピーディな現金化を可能にしてくれるといえるでしょう。
ですがキャッシュバック型の場合は出資法という法律に抵触するとして実際に摘発された業者もありますので注意が必要になるというデメリットもあります。